10万円給付問題線引きはわかっているはず!

コロナが始まり1度の給付だけで、賄える問題ではないことは誰が聞いてもわかるはずですが、何故こんなにも先延ばしにするのかは、防衛費や国家予算しかないのは分かりますが、国会で寝ていたり不祥事に対しても給与、交通費を払うのは納得がいかない。

低所得じゃ問題も、扶養手当を貰う家庭の給与や生活保護を貰う家庭の年間収入がわかっている上でさき伸ばしているので、25万まで貰えない家庭がかなりいるはずです。これから下が非課税せたいと言うところで、その方たちは子供が小さく働きずらい、病気がちな方、お金を借りられず頼る周りがいない方やじじょうがあります。

こういう事をはっきり明確にしてからの線引きです。

25万円世帯以下は家賃払い、光熱費などその他でほとんど無くなり、生活保護は子供のいる家庭は23万から25万円くらいだと思いますが、児童扶養手当が入った額で調整されている事など、周りは知りません。

反感を持つ生活保護ですが、1人の方のがくが13万円だと思います。

みんな大変ですが、誤解されているのでやはり30万円がギリギリ生きる上で人数にもよりますが、給付対象がいいと思いますが、1度やるくらいでは立て直せません。一律も必要です。

消費税も灯油もガソリンも食品も値上がりばかり、給付は必ず一律にもやるべきです。

良い情報を待っています。いつまでも暗い世の中では子供によくありません。

タイトルとURLをコピーしました